• このエントリーをはてなブックマークに追加

障害の原因となった傷病について、初めて医師の診療を受けた日をいいます。精神疾患の場合に、最初に体調不良で内科を受診した場合でも最初に受診した日が「初診日」になります。受給できる障害年金の種類は初診日において加入していた年金制度によって決まるので、初診日は障害年金の請求にあたって非常に大切です。

具体的には次のような日が初診日です。

  1. 初めて診察を受けた日 (その傷病に関する診療科や専門医でなくても大丈夫です。)
  2. 同一傷病で転医があった場合は、一番初めに医師等の診察を受けた日
  3. 同一傷病で治癒後、再発したもの、または旧症状が社会的に治癒したと認められた場合、再発して、初めて診察を受けた日
  4. 健康診断により異常が発見され、療養に関する指示を受けた場合は、健康診断の日
  5. 誤診の場合であっても正確な傷病名が確定した日ではなく、誤診をした医師等の診療を受けた日
  6. じん肺症(じん肺結核を含む。)については、初めてじん肺と判断された日
  7. 障害の原因となった傷病の前に相当因果関係があると認められる傷病があるときは、最初の傷病の初診日

※「社会的に治癒した」と認められるためには、無症状で、投薬を含め医療を受ける必要がなくなり、相当期間(傷病にもよりますが少なくとも5年以上)経過していることが必要です。


お気軽にお問い合わせください。050-3639-6094平日10:00~19:00(夜間・土日要予約)

メールでお問い合わせはこちら