• このエントリーをはてなブックマークに追加

障害年金を受けるためには、次の3つの要件を満たす必要があります。

  1. 初診日に国民年金または厚生年金に加入していた
    ただし、20歳前に初診日があった場合、被保険者資格を失ったあと60歳以上65歳未満に初診日があった場合でも対象になる場合があります。
  2. 初診日の前日までに次の保険料納付要件を満たしていること
    ①初診日の前日までに初診日のある月の前々月までに3分の2以上保険料納付された期間である(保険料を免除された期間、学生納付特例、若年者納付猶予制度も含みます)
    障害年金の3つの受給要件の図1
    ② ①が満たせなくても初診日において、65歳未満で、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料が未納期間がなければ保険料納付要件を満たしたことになります。
    障害年金の3つの受給要件の図2
  3. 障害認定日において、障害の程度が政令で定められた一定基準の状態
    どの程度の障害で障害年金が受けられるかは、「障害等級表」によって定められています。1級から3級までの障害状態の基準は以下を参考にしてください。
等級 障害の状態の基本
1級 身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものとします。この日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度とは、他人の介助を受けなければほとんど自分の用を弁ずることができない程度のものです。
  例えば、身のまわりのことはかろうじてできるが、それ以上の活動はできないもの又は行ってはいけないもの、すなわち、病院内の生活でいえば、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるものであり、家庭内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね就床室内に限られるものです。
2級 身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものとします。この日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度とは、必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものです。
  例えば、家庭内の極めて温和な行動(軽食作り、下着程度の洗濯等)はできるが、それ以上の活動はできないもの又は行ってはいけないもの、すなわち、病院内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね病棟内に限られるものであり、家庭内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね家屋内に限られるものです。
3級 労働が著しい制限を受けるか又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度のものとします。
また、「傷病が治らないもの」にあっては、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものとします。(「傷病が治らないもの」については、障害手当金に該当する程度の障害の状態がある場合であっても3級に該当します。)
障害手当金 「傷病が治ったもの」であって、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものとします。

お気軽にお問い合わせください。050-3639-6094平日10:00~19:00(夜間・土日要予約)

メールでお問い合わせはこちら