就職前に発症したものを労災として認めた判例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚労省は、うつ病などの精神障害の既往歴がある場で、悪化した場合は、業務による強い心理的負荷があっても、1カ月に160時間以上の

時間外労働などの「特別な出来事」がないと労災と認めてきませんでした。以下の東京地裁平成26年9月17日判決により、既往歴があっても業務による強い心理的負荷

がある場合には、労災認定される可能性が出てきました。しかし、これは行政訴訟で労災が認めれたケースなので、今後も、同様のケースでは

労基署段階では認められないと思われます。早期に、既往歴がある場合の認定基準の扱いについて検討が求められる判例です。

 

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20140917/4664921.html